リハプライド HOME > リハプライド・コラム > 認知症は、"パワーリハビリテーション"と水分摂取で改善します!

リハプライド・コラム

認知症は、“パワーリハビリテーション”と
水分摂取で改善します!

2015年の厚生労働省の発表によると、
2012年時点で認知症になっている高齢者は、全国で約462万人いるそうです。
この数は、これからも増え続けることが予想され、
2025年には約700万人を超える見込みとなっています。
これは、近い将来、65歳以上の高齢者のうち、
"5人に1人が認知症になっている"という計算になります。

アルツハイマー型認知症の原因の1つは、アセチルコリンの減少

現在、日本で最も多い認知症は、
患者数のおよそ50%を占めるアルツハイマー型認知症です。
このアルツハイマー型認知症は、
脳からの神経伝達物質の1つであるアセチルコリンが減少することによって引き起こされる、
といわれています。
アルツハイマー型認知症と診断されると、多くの方が『アリセプト』という薬を処方されます。
アリセプトは、アセチルコリンを減少させないようにする効能があり、
認知症の進行を遅らせる可能性はありますが、認知症を治すことはできません。
つまり、認知症は特効薬も必ず治るという治療法も、まだ確立されていないのが現状です。

パワーリハビリは、アセチルコリンの分泌を促す

そこで、私たち『リハプライド』に注目していただきたいのです。
私たちのリハビリ・プログラム《パワーリハビリテーション(以下、パワーリハビリ)》は、
顧問でもある竹内孝仁先生(日本自立支援介護・パワーリハ学会理事長、
国際医療福祉大学大学院教授)が開発した、
使われなくなった部位の筋肉(不活動筋)の機能回復を目指す、
“自立支援介護”のためのリハビリ・プログラムです。
医療先進国であるドイツ生まれのリハビリ専用トレーニングマシン6台を使用して、
「動かなくなった不活動筋を元の活動筋へ戻す」ことを目的に、
正しいポジショニングで、軽い負荷(重り)をかけ、
同じ正確な軌道の運動を繰り返し行います。
これは、“座る・立つ・歩く”という3つの基本的な生活動作の改善に目的を絞って、
そのために必要な筋肉に働きかける運動になっています。

そして、私たちのパワーリハビリを行うと、
体内で前述したアセチルコリンの分泌が促されることも分かっています。
実はアセチルコリンは、神経と筋肉が接する部分(神経筋接合部)で分泌され、
古くから筋肉を収縮させる物質として知られています。
つまり、筋肉が動く(収縮する)のはアセチルコリンの作用であり、
パワーリハビリで不活動筋が再び活動するときには、
安静時の10万倍のアセチルコリンが分泌されるのです。

水分摂取で脳が活性化し、認知機能が高まる=認知症が改善する

さらに近年、必要な水分量を摂取するだけで、
認知症の約70%の人の症状が改善されたということが、
日本自立支援介護・パワーリハ学会から報告されています。

なぜ、水分摂取で認知症の症状が改善されるのでしょうか。

それは水分を十分に摂取すると、脳内の細い血管の血流が促され、
脳細胞に栄養素や酸素が届けられることによって脳が活性化し、
認知機能が高まると考えられるからです。

私たち『リハプライド』で、パワーリハビリと水分摂取をしっかり行えば、
認知症に顕著な改善が見られ、実際に全国の『リハプライド』からは、
認知症のご利用者さまの改善事例が、数多く報告されています。

このページの上部へ